2009年09月13日

完全にお金がありません。。。

家庭内諸事情により、完全にお金がなくなってしまいました。
只今、手持ちのお金が100円。。。このご時世、缶コーヒーも買えません。

朝おきて、手持ちのお金を全部家族に持っていかれ、
冷蔵庫にはほとんど何もはいってなく、手持ちのお金もなく。。。
飲み物も、水すらなく、氷もなく、ペットボトルコーヒーが少々。
やっとコレを口にして空腹をしのぐ。。。

そもそも、この状況はとある事情により今、こうなっているワケですが、
あまりにも関係各社が無責任でノープラン。。。ま、今に始まったワケではないのですが。
もう、このような生活は「限界ラバーズ」。。。懐かしい。

朝食は用意してなく、当然昼食も。。。なので、1日の楽しみは
せめて昼食でも。。。と思い、近所のファミリーレストラン「ジョイフル」ランチ
ここ最近のランチメニューでは、水曜日、木曜日がスペシャルメニューなので
その日は「ジョイフル」に行くようにしている。
照り焼きハンバーグと唐揚、もしくは白身魚のフライ。超絶のウマさ!

そもそもお金の管理を俺がやり出したのも、消去法によりの結果。
別にやりたくて、やってるワケではない。。。が、メリットもある。
やり繰りは大変だけど、やり方次第ではお金が生まれてくるので、
支払いなどで助かることもある。ただ、これと引き換えにドデカなストレスはついてまわるが・・・。
このまま死ぬまでガマンと忍耐の生活を強いられるのか?いや、そんなハズはない。。。
人生、最終的には帳尻があって、プラマイ0になる。。とよく聞く。

そしてある経済学的に著名な人が言っていたのは、これからの時代、
心が寛容で大きな人の時代、そういう人が生き残る時代が来るとのこと。
俺は母から受け継いだ、これまでの時代では「人が良い・・・」という評価を
散々うけてきたので、損得で言えば損な人生だったけど。。。

そんな俺も、寛容で寛大な人だ。。。と評価され、俺中心になる時代が来るのだろうか?
posted by せんりょう。 at 08:26| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

自転車の盗難にあいました。

2週間くらいまえに、息子が自宅マンションに留めていて、自転車盗難にあった。
学校の通学には関係ないが、週に数回あるサッカーの練習から、
日常生活には彼ら学生にはかかせない、必需品である事は言うまでもない。
2年前、俺の400ccのバイクですら、盗難にあった。400ccなので簡単に持っていけないのだが。
さらに遡ること10年ほど前にも、自転車の盗難にあった。

自転車バイクなどの盗難で一番の改善策は、まず自身の油断を取り除くことである。
自宅のまわりには、盗人がゾロゾロいる・・・なんて、大げさかもしれないが、
過去に数回の盗難にあったら、否応なくそのような気分になるのも仕方ない。

俺の単車は一番痛い思いをした。自宅マンションの駐輪所は、
道路に面してない、マンションの中ほどにあるので、かなり油断があった。
勿論、ハンドルロックはしていたのだが、チェーンロックを怠ったがために盗難に。
1週間くらいで、隣町のコンビニに放置してあったところを
近所の若者が交番に届けたくれたらしい。

ロックは勿論破損されていて、さらにどこかで単車を転したらしく、
エンジン部分の破損。よもや廃車も・・・と考えたところ、
まだ購入して半年も乗っていなかったので、やむなく修理。。。
庶民の俺にとっては大枚の16万円を投資した。コッソリ持っていたヘソクリを投入。

ま、そんな経験から、最近は盗難にとても敏感になっており、
自転車バイク自体についていつロックは勿論、さらにチェーンロックも必修に。
ところが、息子にはこの危機感が伝わってなく、購入から数ヶ月で、
あっさり盗難されてしまった。
散々説教して、さらに地域性的にも盗難が多いということを念を押した。

仕方なく自転車の盗難を警察に届けて、最悪保険で再購入を・・と、
いくらかの手出しを覚悟して連絡を待った。
1週間くらいしても連絡がないので、同じ自転車保険を利用して仕方なく再購入した。
その際に聞いたのは、盗難にあった自転車が出てきた場合、
それを自転車屋さんに譲渡しなければならないとのこと。修理して代車的に使うらしい。
なんか腑に落ちない。
保険代金は自分で出している。勿論盗難に会わなければ、完全に掛け捨ての保険
それで盗難にあったら、保険を利用して安く購入は、消費者からすれば当然。
なんなら、購入した自転車とまったく同じものであれば、手出しすることすら疑問。
自転車屋さんも、保険に関わっているからには、保険会社からそれなりの
助成金など、なにかしらの特典があるはず。そうしないと割にあわないだろう。
なんか腑に落ちない。深く考えないと消費者は損することばかりの世の中だなと強く思う。
posted by せんりょう。 at 19:57| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

海外から仕入れたサングラス。

海外のオークションでサングラスを仕入れてみた。今年の夏頃の話。
ビギナーズラックだったのか、それをヤフーオークションで販売。
利益が8,000円でました。本当にビギナーズラック
ブランドのグラサンなんて、まったく知識がないし、
流行廃りも、まったく検討がつかない。。。しかし!これが捨てておけない話になるかも。

その時から、街行く女の子のサングラスに注目するようになった。
だいたいみんな同じようなカタチ。。。で、これは!と思い、
自宅に帰ってマーケティングしていると、これは!?
カタチが同じようなヤツでも、様々なブランドがある。

まいった〜。よう、わからん。

これをいろいろ調査しているうちに、混乱。さっぱりわからんようになってきた。
そこで!女物だからか!男物なら!!と思い、とあるブランドのサングラスを仕入れてみた。

ところが!!
これが、まぁ、売れない!マジで!!!???ビビってます。
この商品、商品だけが悪いのではないのです。これを扱っていたセラーが最悪。
落札するまでに、慣れない英語で配送について訪ねても、まったく返事が返ってこない。
何度も何度も同じ内容のメールを送って4、5日くらいして返事が。。。
しかし、訪ねた質問に対して、トンチンカンな回答。
結局、配送に関しての交渉ができないまま落札。。。
そこからまたやりとりに1〜2週間ほどかかり、倍額支払ってやっと届いた商品は最悪の状態。

さらに、配送の話が確定していなかったので、入金してなかったら、
評価をネガティブに・・・と言ってきた。あまりにもグダグダだったので、
最初のやり取りから今の今までのグダグダさ加減を英語に翻訳して
「あなたが私に対してネガティブをつけるというのであれば、
私もあなたにネガティブをつけざるをえません。。。それはお互いに無益ですよね?」と
送り返した。
数日後、彼が平謝りの英語のメールを送ってきたのは言うまでもない。

しかし。

それからいろいろな商品を仕入れてテストしてみたが、未だ赤字続き。。。
オークションの道は険しい。


posted by せんりょう。 at 00:46| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

サッカーの試合中に捻挫しましてん。

昨夜、月2回のサッカーの試合があった。
ここ数ヶ月、まったく参加していなかったメンバーも来ていて、
試合前からかなりテンションがあがった。
息子の小学校時代のチームメイトも参加し、珍しいメンバーでのゲームとなった。

ひとりは、息子のライバルでもあって、チームのエースストライカーだったやつ。
地元のプロチームJr.ユースから誘いがあったやつ。家庭の事情で断らざるをえなかったのだが
素質はピカイチ!

中学にあがって、どの程度レベルアップしたのか?どんなプレーが出てくるか、
うちの息子の今のプレーと比較したい!と思って、見ているのが楽しみだった。

試合開始から、元エースは、ガンガンボールを持っていった。
少し前まで、いつも見ていた彼の勇士・・・
ゴリゴリのドリブルから、性格なシュートまでのコンビネーション・・・は、
どことなく影をおびていた。

「進歩していない・・・」かのように思えた。
あれだけ絶対的な存在だった彼、うちの息子がプレッシャーに耐え続け
絶対的なハイレベルのプレーを誇った彼も、環境がよくないせいか、伸びてなかった。

悲しい。悲しすぎる。

かたや、うちの息子は普段から不甲斐ないプレーをしたらクラブチームを脱退・・・
そうやってハッパをかけているせいか、かなり奮闘していた。
中学にあがってからの息子のプレーをはじめて見た人たちも、
いつもプレーをしている人も「今日はスゴかったね〜」と口を揃えて言っていた。
ここ最近は、気持ちのゆるみを許さない。必要なサッカーシューズや
ボールは、必ず揃えてやる!だから、常に100%のプレーでやれ!と伝えてある。
所属しているクラブチームの事情から土日は休みが多い。
なので、オヤジが集まる「草サッカー」チームだけど「試合カン」や「ストレッチがわり」
でもいいから、毎回連れてきている。

昨日は、息子と息子と同じチームの1つ上のこれまたいい素質を持った子が参加していて
この2人のパス回しは、中盤を制圧していて、相手チームの20代の彼らも
舌をまいていた。20

このまま、ずっと怪我なく自分自身の中での最高のプレーを続けていれば、
もしかしたら“J”のしっぽくらいは見えるかもしれない。

ジュニア時代、完全を誇った牙城も堅固さに陰りが見えている。
無名だったヤツが、ズバ抜けた才能は持ってないとしても、
努力と環境で進化しつづけている。進化し続けていれば、道が開けることもある。
得意なスタイルと努力で、高見を見続けていれば、夢も現実になるだろう。

光と影・・・陰と陽・・・

まだ時間はある。継続は力なり・・・!

しかし・・・俺は前回の試合で痛めた左足首を再び捻挫・・・
痛すぎる・・・。



posted by せんりょう。 at 18:10| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

水曜日のランチはハンバーグ!

●●●●●●●●●●◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯●●●●●

水曜日のランチは、いつも決めている。
うちの近所にあるファミレスの「ジョイフル」でランチ。
ここは、月曜日から土曜日まで日替わりのランチメニューが決まっている。
しかも、洋食ランチと和定食の2種類ある。
洋食が399円で和食が499円。リーズナブル!!
そして、僕が大好きなメニューは照焼ハンバーグと揚げたて唐揚げのセット。
これが水曜日の定番メニュー。僕的には、超絶のウマさ!
毎週水曜日の定番ランチなのさ。

ジョイフルのとなりに1年前くらいに出来た定食屋がある。
ここは、サイドメニューがバイキングっぽくなってて、
メインメニューは1つ。それで600円とか700円なんだけど
イマイチだった。お米がイマイチ。。。
そんなワケで毎週水曜日はジョイフルランチに決めている。

ハンバーグは大好きなメニューの1つだが、自宅以外では
たいていハンバーグは1つしかお皿にのってこない。あれば不満。
同じ量でもいいから2つにしてほしい。
勿論、ジョイフルも1つしかのってこないが、サイドに唐揚げだったり
白身魚のフライがのってくるので、あまり損した気分にならない。

ジョイフルのハンバーグは、僕のなかではかなり上位に位置をしめるウマさ。
ランチメニュー以外では、鉄板にのってくる。これがさらにウマい!
小学生の頃に通っていたレストランを思い出す。

そのレストラン。名前はホープ。正式にはニューホープだったかな?
実家から車で20分くらいのところにあって、何かというとそこに行っていた。
食べ盛りの時には、1度に2つや3つ注文していた。
例えば、グラタンとハンバーグ、グラタンとミートソースといった具合。

ここのハンバーグが超絶で、しかもサイドメニューのサラダのドレッシングが
オレンジ色で、「昭和の洋食」といったアメリカンなガッツリタイプ。
もう何十年も味わったことのないドレッシングだ。
あの頃から思い起こせば、今日までいったい何個のハンバーグを食べただろう。
ハクション大魔王もビックリだな。

自宅で仕事をしている僕は、本来自炊をして食事を取れば経済的でもあるのだが、
それができる時とできない時、また気分的なものもあるので、
スグにジョイフルに頼ってしまうところもある。
しかし、このリーズナブルにして、個人的味覚にとてもよく寄り添っている
あのハンバーグが忘れられない。。。
もう少し言うと、明日もあさってもサイドメニューは違うけど

ジョイフルのランチはハンバーグだ。

いつまでも、あの味を愛していたい。
posted by せんりょう。 at 16:04| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

盲腸とみそラーメン。

●●●●●●●●●●◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯●●●●●

うちのオヤジは「盲腸なんか病気じゃない!」と昔から言ってた。
しかし、そんなオヤジは今も盲腸をきってはいない。

昨日から少しお腹全体が痛む・・・なんだこの感触は?とずっと思っていた。
健康のためと月に2回やってるサッカーで、最近毎日ロードワークをしてるんだけど、走ってても痛みを感じる。

「なんだ?コレ?ただの腹痛じゃないぞ・・・」

「空腹だからかな?なんか食べたらよくなるかも?」

と思い、近所のファミレスランチを注文。
その日は、週に1度の俺的スペシャルランチの日だったので、なお WELLCOME!

さて、ランチを堪能し、歩きで自宅に戻っていたとき・・・

「キリキリキリ・・・」また痛みだした。

ダメだ。これは、普通じゃない!空腹時の痛みでもない!しかも・・・
右サイドが痛い。も・・・盲腸らへん・・・・。

それから帰宅し、仕事にかかる。
仕事中はイスに座っているので、痛みも治まっているが、コーヒーをつぎに行こうとしたら

「キリキリキリ・・・」とまた痛みだす。

なんだんだ?コレ??
その夜も普通に夕食をとったけど、徐々に痛みが増す。。。

元来医者嫌いの俺は、ここ数年健康診断にすらかかっていない。
それはそれで問題。。。そろそろ食生活など考えないといけないお年頃だし。。。
成人病にもかかってくる年齢。健康には木を使わないとヤバイぜ。
しかも盲腸だったら、手術?生まれてこの方、体にメスを入れたことない俺が手術か・・・
ちとコワい・・・。

そんなこんなで痛みに耐えられないくなってきたので病院へ。
病院に行く途中、ほとんど100%に近い確立で盲腸だとおもってるけど、
もしミラクルで違かったら、帰りに大好きなみそラーメンを食べに行こう。。。そう決めた。
じゃないと、病院、行きたいくないし。

病院に行って、初診、まず触診と聞き取り。先生の問いに従って回答。
すると、100%とはいえないが、盲腸ではないだろう・・
でも、検査をして確かめましょうって。

そこで、血液検査、レントゲン、エコーと割とこまめに検査した。

テレビドラマのごとく、へんな病気が見つかるんんだじゃないのか?
そんな不安もちらほら。。。

エコーなんて生まれてはじめてやし。。。血液検査なんて。。。いろんな意味でチョーこえ〜。

さて、検査に1時間くらいかかり、いよいよ先生の最後通告が。

違うだろう・・・とは言われたものの、まだわからんし、他の病気の線もあるし・・

アナウンスで呼ばれた結果。。。

盲腸ではなく、きっと急性大腸炎だろうと。。。
しかも血液検査もそれほど以上はないが、脂肪肝だからヤセろと。。。

意外と俺って健康なのね。

あんだけ盲腸的な部分が痛みを発していたのに、盲腸でない。
ミラクルだ。。。

それから20分後には、みそラーメンをすする、俺がいた。



posted by せんりょう。 at 17:21| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

スーパースターのマラドーナ。

マラドーナは、ぼくらサッカーファンの言わずと知れたスーパースターだ。
70年代後半から80年代、彼中心にサッカー界はまわっていた。
過去にメジャーなスーパースターのペレベッケン・バウアーと並び称されている。

ぼくが最初にマラドーナ
を知ったのは、中学でサッカーを初めた時。
82年W杯での彼のプレー。まだサッカーは始めたばかりの僕は
彼のスゴさがわからなかったけど、当時同時にプーマのCMにも出ていた。
オーバーヘッドから体を反転して、うつぶせに手をつきながら着地。
翼くんもビックリのプレーに、CMという15秒〜30秒の世界だけど
彼の一級品のプレーと、存在感が手に取るようにわかった。
ちなみに、中学時代は「WMマラドーナ」「マラドーナキング」
マラドーナのネーミングが入ったプーマサッカーシューズを愛用していた。

86年W杯メキシコ大会では、ぼくの一番好きなプレーヤー、
ミシェル・プラティニ率いるフランスとも対戦している。
また、同大会にて有名な「5人抜き」「神の手」と呼ばれる
ハンドでのゴールを決めて、まさに彼の大会といっても過言ではなかった。

今年の春まで息子が在籍していたサッカーチームの監督とは同世代だった。
試合の時はいつも車に乗せていっていたが、ある時高部座席でサッカー選手の
話で盛り上がっていた子供達に監督が問いかけた。

「おまえたちの中で、10番が最も似合うサッカー選手は誰だ?」

「中村俊輔」「ロナウジーニョ」

なるほど。世代だな。

でも、僕と監督の答えは同じだった。

マラドーナ

僕の大好きなミシェル・プラティニも10番。しかし、一番似合う人と問われたら
やはりマラドーナ。天才がゆえに問題も多かった孤高のストライカーは
いま母国の代表監督としてピッチに帰ってきた。22

監督としては、かなり苦しい立場にいるようだ。南米予選の16節で
パラグアイにアウェーとはいえ、0-1で惜敗。自動的にW杯に出場できる
4位からプレーオフ出場圏の5位に転落。
ケガや退場に泣かされたとはいえ、あの無敵のアルゼンチンとは思えぬ苦戦。
「名選手、名監督にあらず・・・」というありきたりの言葉を額面通り受け止めないのが
天才マラドーナ
マラドーナ自身の記録と並び、FCバルセロナで5人抜きを披露した高速ドリブラーメッシ
ベテランMFベロンを率いて、この苦境から脱出することは決して難しい事ではない。
僕らにとっての、天才マラドーナは、必ず後身の無敵軍団を率いて
来年のアフリカ大会に出場してくると信じている。




posted by せんりょう。 at 13:05| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集